上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
日本列島縦断鉄道の旅(1日目後編)として 富山地方鉄道(略称:地鉄)乗車の
模様を、お伝えしたいと思います。
あと、最後に、特別編として、小室さんのピアノコンサートのお話も少し。


iphone_20110930202835.jpg
昨日の台風15号の大雨の影響で、富山駅到着が大幅に遅れた為、
この日の観光の予定も変更となりました。
(ほんとは、宇奈月温泉方面に行きたかったですが...)

既に、16時を過ぎてましたので、ホテルチェックインも早々に済ませ、
まずは、地鉄の玄関口・ターミナルの電鉄富山駅に向かう事にしました。
(因みに、宿は、富山駅が見渡せる所にしました。)

iphone_20110930202944.jpgiphone_20110930203029.jpg
電鉄富山駅は、JR富山駅から徒歩5分程の隣にあります。

iphone_20110930203124.jpg
電鉄富山駅、3面4線の頭端式ホームです。
ラッキー!現在の地鉄の車両でもっとも古い14720形電車(写真左)が、
止まってました!
行き先も決めず、取りあえず飛び乗りました!(笑)

iphone_20110930203201.jpg
味のある趣のある駅舎で、かつ、小室さんのコンサート開演時間に間に合う時間に
折り返せる駅という事で、寺田駅で、降りることにしました。(笑)
(14720形電車 元気でね~!バイバイ♪)


寺田駅は、本線(宇奈月温泉方面)と立山線が分岐しています。
両線のV字の間に、待合室があり、駅舎本体は、立山線側の方にあります。

iphone_20110930203514.jp<br />giphone_20110930203555.jpg
こちらは、本線(宇奈月温泉方面)です。1番線、2番線。

iphone_20110930203658.jpgiphone_20110930203812.jpg
両線のV字の間にある待合室。まるで駅舎本屋を思わせるしっかりとした造りです。
雪国の駅は、しっかりとした待合室がありますね。
九州の人間には、新鮮です!


iphone_20110930203857.jpgiphone_20110930203956.jpg
写真左、待合室から見た本線。 写真右が、立山線です。3番線、4番線。

iphone_20110930204044.jpgiphone_20110930232554.jpg
立山線側に駅舎があります。 富山方向、本線、立山線の合流ポイント。

iphone_20110930204235.jpg
何とも、味のある駅舎です。ザ!昭和~!という感じです。

iphone_20110930204314.jpg
有人駅です。駅舎内もいい感じです。駅員さんから、色々と興味深いお話しを伺いました。
(おそらく昭和6年前後?に出来た駅舎との、お話でした。大先輩!)

iphone_20110930204730.jpg
本線上りのホームで、ぼ~と寛ぐ事に。
宇奈月温泉行きの14760形電車が入線してきました。
1980年に、鉄道友の会よりローレル賞を頂いた事のある車両とか。

iphone_20111002003159.jpg
立山連山も、低く雲が垂れ込めてます。ん~天気がよければ、残念。

iphone_20110930204432.jpg
上り列車(14760形電車)が入ってきました。
そろそろコンサートの時間が気になりますので、富山へ折り返す事にします。

iphone_20110930233436.jpgiphone_20110930233501.jpg
車内は、転換クロスシートでなかなか快適でした。さすがローレル賞の車両です。
名残惜しいですが、富山駅到着しました~。
地鉄、なかなか味のある魅力的な鉄道でした。
地鉄を舞台にした映画RAILWAYS第2弾も楽しみな所です。

2日目 前編に続く



特別編
さて、急いで、小室さんのピアノコンサートのある富山県民会館まで向かいます。
(富山駅からタクシー飛ばして到着です。)
iphone_20110930204919.jpg
小室さん(TM NETWORK)との出会いを少しお話しすると、
受験勉強時代に聞いてたラジオ番組のコンテスト(フレッシュサウンズコンテスト)で、
流れた曲(1974)に衝撃を受け、それからず~とファンしております。
懐古FANKSです(笑)
特に、小室さんは、我々鍵盤男子には、アイドル・ヒーロー救世主でありました(笑)
(当時の邦楽バンドは、ボーカルかギターが華でしたからね)

さて、会場内入りました。
先月ウツの福岡ライブも参戦しましたが、客層が明らかに違いますね。
ウツは、女性の比率が非常に高かったですが、小室さんのコンサートは、
結構、男性の方もいます(鍵盤男またはDTMフリークの方?)
それと年齢層が幅広いですね。結構、若い方もいます(笑)globe世代?
それから私の隣の席の方は、かなり熟年のご夫婦(私の両親と同世代?)でした。
もしかしたら?娘さんか息子さんが好きだったのかな~と、勝手な想像を。

ステージ上は、グランドピアノとその上に、ちょこんとローランドのシンセのFANTOM Gが
セッティングされてます。あとはコントロールミキサー卓と、非常にシンプルな機材でした。
ピアノは、私の席からはメーカー機種までは確認できませんでしたが(ローランドのVピアノ?)、
ピアノをMIDIでFANTOMとリンクし、ストリングス・パッド系の音色を、FANTOMから
奏でていました。

ざっくりとした大まかなセトリは、
美里さんコーナー、TMコーナー、90年代以降(trf、安室さん、globe)、
ラスト(STILL LOVE HERと、globeの曲?すいませんglobeよく分からないものですから)
といった感じでした。
各コーナーの合間には、スペシャルゲスト(笑)として、久保こーじさんが、小室さんとの
ほのぼのトークで会場を盛り上げてくれました。
(また、再び、久保さんとお仕事されてるのが、FANKSとして、何とも嬉しかったです)

小室さんの人柄が伝わるとても心が暖まる(懐かしくもある)コンサートでした。
自分の帰るべき場所(音楽)は、ここだと(笑)

最後に、小室さんと握手して会場後にしました。
(いつまでも、小室さんお元気で、これからもご活躍お祈りしております♪)



スポンサーサイト
2011.10.02 Sun l 旅行記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hirosai10.blog.fc2.com/tb.php/13-88822bc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。